トップ > ブランド紹介

ブランド紹介・・・フローラル・フォーシーズンズ

「強すぎる」?海外の香水

日本の香水市場はヨーロッパの香水で席巻されています。しかし、それらを「強すぎる」と感じる日本人は少なくないようです。

その結果、日本では、香水は化粧品の中でもっとも市場性のないアイテムになっています。化粧品全体に占める香水の市場規模の割合は2-3%(日本の化粧品市場のトップアイテムはスキンケア)、一方欧米では香水は化粧品のトップアイテムで20%とも30%とも言われています。

女性が外出時にバッグの中に持ち歩く化粧品のトップも香水というヨーロッパに対して、日本では香水の存在感は見る影もありません。日本の大手化粧品ブランドは、おおむね、香水から撤退しスキンケアやメイクアップに注力するようになりました。

なぜでしょう?

その土地や風土に影響される香水

私自身の体験でも、ヨーロッパの香水は現地ヨーロッパで使用するとき、とてもしっくり自分の体臭と混じり合う気がしますが、日本に持ち帰ると何か・どこか「違う」印象をい抱くことがあります。

また、多くの人と同じように私もヨーロッパの香水は一般に「強いかな・・・」と、特に日本にいるときは感じてしまうことがあります。

知人のヨーロッパ人調香師が日本に来日した際、自分が持ってきた香りが「こんな香りではなかなったハズ」と首をひねっていることを目撃したことがあり、彼らもまた、日本とヨーロッパで同じ香りに対する感じ方が違うことがあるのかと素朴に驚きました。

香水創りのテーマ

私たちの香水に対するテーマはシンプルです。

・「日本の気候に合う香り」
・「日本の風土に合う香水」
・「日本人の肌に合う香り」

日本で素敵に香る香りとは、日本の風土や気候や日本人の体臭に合う香りだと思います。そんな香りを求めて、1996年以来模索を重ねた結果の回答は「優しい香り」でした。

そして、その優しい香りを最も自然に実現しているものが、実は私たちの身の回りにあるなんでもない日本の花、和の花でした。

フローラル・フォーシーズンズ

和の花をテーマに始めた香りのシリーズが「フローラル・フォーシーズンズ」(Floral 4 Seasons)です。私たち日本人の心に素直に響く優しさをもっとも重視して制作した香りです。

和の花の香りを中心に50種類、花そのものに近い香りから、その花をイメージした香水まで、武蔵野ワークスの香水をお試しください。